×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家事代行&ハウスクリーニング

家事代行&ハウスクリーニングを上手に使えば人生が変わる!?共稼ぎ夫婦、子供が小さい夫婦にとって、毎日の家事や、お掃除は大変です。そんなときに、家事代行やハウスクリーニングを利用してはどうですか。家事やお掃除に忙しい奥様へのプレゼントとしても最高です。

サイトトップ > 家事代行サービス、頼み方5つのコツ

家事代行サービス、頼み方5つのコツ

1、必ず数社で比較を

たとえば、こうした家事代行サービスを「カジュアル家政婦」「プチ家政婦」とネーミングしている会社もあります。各会社でさまざまな名称で、短時間の定期依頼ができる代行サービスが用意されています。最後に紹介しているリンク集などを参考に、必ず数社にコンタクトを取って価格と条件を比較してください。チェックポイントは以下を参考に。


サービス地区の範囲に自宅が入っているかどうか

サービス内容と料金(1時間2000円〜3000円が相場。さまざまな料金体系があるので比較検討してください)

契約条件の確認(各社「最低契約時間2時間〜、月3回以上の契約」といった契約条件が設定されています。これを元に月の予算を算出します)

年会費、登録費の有無

家政婦さんの交通費の支払い方法

キャンセルの場合の規定とキャンセル料 など

電話応対の確実さ、資料送付の迅速さなども判断基準のひとつ。わが家をお任せするのですから、面倒でも事前の情報収集は念入りに。

2、曜日と時間を決める

金曜日の午後4時から2時間というように、決まった曜日を決めるようにします。契約は最低2時間からという会社が多いようです。週に1回2時間でも、かなりの家事を片付けてもらえますよ。

金曜日になれば家政婦さんが来てくれる、という精神的な安心効果のためにも、スポットではなく定期でお願いするようにしましょう。毎週、もしくは隔週という頼み方が多いようですが、時間や頻度については会社の規定が違うので、よく比較検討して。

3、して欲しい家事の内容をメモにして残す

すべてをお任せという形ではなく、「洗濯物を畳んでください、冷蔵庫整理をしてください、トイレが汚れています」など、必要な部分を箇条書きにするなどして伝えましょう。また、絶対に手を触れて欲しくない場所や、して欲しくないこともリストにしておきます。他人を家に入れる場合は、「して欲しいこと」「して欲しくないこと」を明確化しておくことが、トラブル回避につながります。